医療機関のレセプトをデーターベース化するメリット

保健薬局や、病院などといった全部の保健機関や、医療機関に、2011年から原則として、レセプトを電子化することや、オンライン化することが義務付けられるようになっています。

レセプトを電子化するのに伴い、レセプトのデータを医療機関がデーターベース化することには、幾つかのメリットを受けることができます。

例えば、データーベース化することによって国民健康保険連合会や、全国健康保険協会などの組織に提出するレセプトを処理する手続きが効率的になるというメリットがあります。



レセプトをデータ化するまでは、この作業を手で書いた紙の書類を使って行っていたのですが、これは非常に手間のかかる作業となっていました。
ところがデーターベース化されることによって、レセプトを作成したり、管理して、プリントアウトする作業は、非常に効率が良くなり手早く済ませることができるようになります。

注目のgoo ニュースにアクセスしてください。

そして、業務が効率的に進められると、レセプトに関係する患者さんの費用にかかる負担を軽減することに繋げることができます。
また、レセプトをデーターベース化することによって日本全国にある医療機関と最も新しい診療情報をリアルタイムに共有ができるというメリットを挙げることもできます。そして、オンラインにより僻地にある医療機関でも診療情報がリアルタイムに共有できるようになることによって、地域の格差がデータベース化で解消されるといった効果を得ることが期待できます。